大気海洋化学・環境変遷学コース概要

本コースでは、大気・土壌・河川・海洋など地球表層で生起する様々な科学現象を物質循環と化学反応の視点から解明することを目指しています。



上図のように地球化学的試料を採取し、そこに含まれる化学成分の測定をとおして地球上の物質循環と 地球化学的諸過程を理解していきます。 こうした研究は、現在人類が直面している地球温暖化、オゾン層破壊、酸性雨など地球環境問題への深い理解とその解決に必要な知識体系を提供するとともに、環境問題への取り組みには不可欠なものとなっています。 本コースでは、そのために必要な、分析化学、大気化学、海洋化学、同位体地球化学、古気候学など学問の基礎および研究方法論を学生に教育し、この分野における専門家を養成することを目指しています。

本コースの特色は、最も充実したスタッフを整えた研究・教育の一大拠点であり、地球化学関連大学院において我が国最大の地球化学専門コースである点にあります。

教育・研究方針

本コースでは、化学系、地学系、水産・海洋系、生物系、農学系、工学系など、幅広い学科からの出身者が共に学んでいます。そのために、大学院入学後に、本コースでの研究に必要な知識を基礎から学べるように大気海洋化学基礎論などの基礎授業科目とともに、より専門的な教育を目的とした環境分析化学特論、大気圏化学特論、化学海洋学特論、海洋堆積学特論などの専門授業カリキュラムを整えています。修士課程の研究をとおして、試料の採取から分析機器による化学成分の測定にいたるまで各人が地球化学試料を分析する能力を身につけることを目指しています。また、自らの結果に基づいて新たな知見を学会などで発表する能力を身につけるための教育をおこないます。現代社会が直面する多くの環境問題は地球表層における化学的諸過程が深く関係することから、地球化学の専門知識と能力を身につけた人材の養成は重要な課題です。本コースでは、そうした人材を研究者あるいは社会人として世に送り出すことを目的としています。