*

環境変動解析学分野

北海道大学大学院地球環境科学研究院地球圏科学部門
トップ
概要
スタッフ
院生
活動
入試情報

教員・ポスドク・支援スタッフ

教授

  • 杉本 敦子 atsukos at ees.hokudai.ac.jp

    SUGIMOTO Atsuko (Biogeoscience, Water cycle science, Isotope hydrology)

     生物圏と地球環境の相互作用系の解明を目指し、寒帯林、熱帯林、湿地など様々な生態系における水循環変動、および水循環の変動がもたらす物質循環の変動を、水や炭素・窒素の安定同位体比を用いて研究を行っている。生態系の変動はまた水循環や温室効果ガスの放出や交換過程を通して地球環境に影響を及ぼすと考えられ、相互作用系の視点を持った研究を目指している。

准教授

  • 山本 正伸 myama at ees.hokudai.ac.jp

    YAMAMOTO Masanobu (Paleoceanography, Organic Geochemistry)

     柱状堆積物に含まれる有機分子(バイオマーカー)を用いて過去数十万年間の海洋環境の変動の復元を行っている。また藻類培養実験や海洋沈降粒子の分析を進めることにより、バイオマーカーとその炭素同位体を使った新たな古環境指示指標の確立・改良を進めている。全地球的な気候変動と物質循環の関係を水温分布と海洋生産力などの復元を通じて理解してゆきたい。
  • 山下 洋平 yamashiy at ees.hokudai.ac.jp

    YAMASHITA Youhei (Biogeochemistry)

     生物地球化学サイクルにおいて重要な役割を有する非生物体有機物の動態解明を目的に研究を行っている。特に水圏における溶存有機物に着目し、土壌から渓流への移行過程、陸域水圏(河川・湖沼・湿地)における生成・分解過程、沿岸域における陸起源成分の除去過程、海洋における難分解性成分の生成過程に関して、定量および定性的手法を用いて研究を行っている。

助教

  • 入野 智久 irino at ees.hokudai.ac.jp

    IRINO Tomohisa (Paleoceanography, Sedimentology, Inorganic Geochemistry)

     北西部および北東部北太平洋から得られた深海底堆積物コアを用いて、過去数十万年間の陸上気候・海洋環境の変動を数百〜数千年オーダーの時間解像度で復元し、両者の相互関係を研究している。陸上気候変動の復元には陸源砕屑物(風成塵・河川流出)の粒度・鉱物・化学組成を、海洋環境変動の復元には生物源シリカ量、有孔虫化石の酸素・炭素同位体比を用いる。

研究員

  • 鄭 峻介 stei at ees.hokudai.ac.jp

  • 宮本 裕美子 miyamoto_y at arc.hokudai.ac.jp

  • Xiaoyang Li lixiaoyang at ees.hokudai.ac.jp

研究支援スタッフ

  • 星野 悠美 hoshino at geos.ees.hokudai.ac.jp
    杉本研究室補助

  • 布橋 智 nunohashi at geos.ees.hokudai.ac.jp
    杉本研究室補助

  • 佐塚 由香 sazuka at geos.ees.hokudai.ac.jp
    山本・山下研究室補助


過去に在籍した教員

  • 島村 道代 高等教育推進機構 大学院教育部
    (2016年6月より国立研究開発法人 海洋研究開発機構 調査役)

    SHIMAMURA Michiyo (Geochemistry, Paleoclimatology, Geology)
  • 濱田 洋平 GCOE特任助教
    (2013年4月より北海道大学大学院農学院ポスドク研究員)

    HAMADA Yohei (Carbon Cycle/Water Cycle in Soil Profiles, mainly based on Physical and Isotopical Analysis)

     森林・草原・水田等、さまざまな生態系の地表面近傍におけるCO2や水の挙動に関して、主として物理特性および安定同位体比についての実験・観測とそれに基づく解析を行ってきている。GCOEではインドネシアの熱帯泥炭林をフィールドとし、微気象学的・土壌学的・同位体生物地球化学的な手法を総合して、この特徴的な生態系における炭素・窒素・水の動態の解明を目指す。
  • 南川 雅男 教授
    (2012年3月に定年退職, 4月より北海道大学名誉教授)

    MINAGAWA Masao (Biogeochemistry, Anthropogenic geochemistry, Paleoenvironmental analysis)

     軽元素の安定同位体比や有機物分子分析を手段として、生態系や物質循環の構造および環境と人類との関わりを研究している。人為的環境改変の過程を定量評価する化学分析法を開発し、遺跡の出土遺物などに応用することで初期の農耕栽培や家畜飼育の証拠を発見し、先史人類の化石を分析して食生態の変化を明らかにするなどの研究を行っている。
  • 岩花 剛 GCOE特任助教
    (2012年1月よりアラスカ大学ポスドク研究員)


    IWAHANA Go (Geocryology, Micrometeorology, Hydrology)
     凍土の絡んだ生態系での熱と物質の循環動態について、特に森林伐採や森林火災が永久凍土帯の地中環境に及ぼす影響について微気象学的・土壌物理学的な測定と地球化学的な分析を通して研究している。また、シベリアの永久凍土、大雪山系や富士山の山岳永久凍土の状態・長期変動モニタリングを継続中である。一方、凍上現象に関わる土壌中不凍水の物理化学的性質の解明や、雪氷災害対策に関する研究にも携わる。
  • 長尾 誠也 准教授(2009年1月より金沢大学教授)

    NAGAO Seiya (Geochemistry, Environmental chemistry, Water environmental science)

     地球表層での物質循環に重要な有機物、特に難分解性の高分子電解質有機酸の腐植物質に着目し、土壌での分解と蓄積、土壌から河川さらには海洋への供給機構とその特性分析、放射性炭素による生成年代を通して、熱帯から寒冷域での有機物の循環像を検討している。また、陸域から沿岸海洋へもたらされる鉄-腐植物質錯体の沿岸域での生物生産に及ぼす影響を北海道の湿地やアムール川で検討を開始した。