アクセス解析CGI カウンタCGI


Japan-PAGES

本ページは、日本におけるPAGESに関連する研究活動の支援を目的としております。

|Top |MLについて研究分野活動 |   
Japan-PAGESメーリングリストのアドレス:pages-j-pub<at>geos.ees.hokudai.ac.jp
詳細はこちらをご覧下さい(本サイトの全ての<at>は@と読み替えてください)

Japan-PAGESについて

趣旨

PAGES(Past Global Changes)は、IGBP(国際地圏・生物圏研究プログラム)の下で、地球環境問題の解決と気候・環境の将来予測に資するための、古気候・古環境研究の国際的なコーディネートを行うために、1991年から活動を続けている国際的な研究者組織であり、日本学術会議には、当初から、その国内対応のためのPAGES小委員会が設けられ、国内外の研究状況の交流・分析が行われています。
PAGESが対象とする分野は、第四紀 の様々な時間スケール(更新世、完新世、歴史時代、前世紀など)における、グローバルからローカルスケールの気候や海洋、生物地球化学、生態系プロセス、生物多様性、そして人間活動との関連です。

日本国内では、これまで、多くの分野で古気候・古環境に関する研究が活発に行われてきた反面、研究立案や成果にかかる交流が個別の分野内にとどまり、必ずしも広く交流されて来なかったため、気候・環境変動メカニズムの総合的な理解にむけた議論が広く行われにくいことや、分野横断型の新たな学際的研究の展開にむけた分野間・研究者間の調整が進みにくいといった弱点がありました。
そこで、PAGES小委員会では、分野間の交流と連携の推進を目的とした、メーリングリストを作成することに致しました。

【名称】

pages-j-pub<at>geos.ees.hokudai.ac.jp
(通称:Japan-PAGESメーリングリスト)

【目的】

  1. 地質学、地球化学、古生物学、地理学、第四紀学、古海洋学、雪氷学、木材学、歴史学、考古学、花粉学等々の古気候・古環境復元に関係する全ての分 野、及び、気象学、気候学、海洋学、生態学等々の直接観測するデータに基づいて近過去〜現在の気候・環境変動やその将来予測研究を行っている全ての分野から、研究者の参加を得ること。
  2. グローバル〜ローカルスケールの気候・環境変動の総合的な理解とそのメカニズムの解明や、分野横断型の学際的共同研究の立ち上げ等のための、多分野にまたがる日常的な議論と情報交換を行うこと。
  3. 定期的に開催される関連学会等(地球惑星連合大会など)に向けた、「古気候・古環境関連セッション」の企画立案・講演募集・相互調整を行うこと。
  4. PAGESその他、国内外の古気候・古環境研究の学問的・制度的・予算的状況についての、国内の関連研究者に対する迅速かつ正確な情報伝達を行うこと。

【参加方法】

このメーリングリストに登録希望の方は、PAGES小委員会のメーリングリスト担当委員である、北大・地球環境の入野(irino<at>ees.hokudai.ac.jp)あてに、「氏名・メールアドレス・所属・専門分野(研究・専攻内容など)」の情報を、お送りださい。
尚、いただいた情報については、メールアドレスをメーリングリストに登録するために用いるだけで、決して公開などはしません。
メーリングリストの使い方についてはこちらをご覧下さい

メーリングリストの趣旨にご賛同頂ける、多くの関連研究者(学生・院生を含む)の皆さまの参加をお待ちしております。


PAGES本家への研究者情報登録のお願い

PAGESでは、その研究者の国際的なネットワークを構築するために、下記のサイトで、研究者情報の登録を受け付けています。
http://pages-142.unibe.ch/cgi-bin/WebObjects/people.woa
既に数千人のリストが作成されていて、研究者間の情報交換に利用されていますが、参加登録者は、こちらから見ることができます(2012年6月20日現在日本からは127名)。
日本における活発な古気候・古環境研究のアクティビティーを世界に示すためにも、未だ登録されておられない方は、是非、研究者情報の登録をお願いいたします。
尚、登録して頂きますと、年3回、PAGES News Letterがお手元に届きます。これは、世界最先端の 古気候・古環境研究の情報を提供するために、スイス・ベルンにあるPAGESのプロジェクトオフィスで、丁寧に編集されているもので、是非、毎号ご一読頂きたいNews Letterです。


リンク


ご意見はjapanpages<at>geos.ees.hokudai.ac.jpまで

一番上に戻る