教員紹介

鈴木 光次 教授 (Koji Suzuki, Professor)

   
海洋生物地球化学(物質循環)過程における生物の役割を定量的に評価することを目指している。現在は、特に、北太平洋の植物プランクトンの群集構造と基礎生産(光合成)、およびそれらと物質循環とのかかわりに注目して研究を行っている。

渡邉 豊 准教授 (Yutaka W. Watanabe, Associate Professor)

   
現在の研究は、●大気・海洋・陸の間における炭素・窒素を中心とする物質循環像の解明に関する研究と●地球温暖化にともなう大気海洋物質循環の変動に関する研究を進めている。これらの研究を進めるために、大気海洋観測や化学的手法を用いて観測・解析を行い、その解明を進めている。

亀山 宗彦 准教授 (Sohiko Kameyama, Associate Professor)

   
地球環境に対して海洋起源の微量気体成分が与える影響を定量的に評価することを目指している。具体的には最新の高精度・高分解能分析技術を用いて得られた観測データに基づいて、海洋表層水中の微量気体成分の生成・消費過程や分布の成因の解明に取り組んでいる。

平田 貴文 特任准教授 (Takafumi Hirata, Specially Appointed Associate Professor)

   
文部科学省国家基幹研究開発推進事業「我が国の魚類生産を支える黒潮生態系の変動機構の解明」において、海洋一次生産-海洋生物地球化学物質循環との相互作用や、それを目的とした地球観測的手法の開発(人工衛星による遠隔探査)に関する研究を行なっている。