LAND
OCEAN
北海道大学http://www.hokudai.ac.jp/
大学院環境科学院http://www.ees.hokudai.ac.jp/
地球圏科学専攻http://www.ees.hokudai.ac.jp/division/earth/
大気海洋化学・環境変遷学コースhttp://geos.ees.hokudai.ac.jp/hag/
Topics
BIOGEOCHEMISTRY

 本研究室では、物質循環(生物地球化学サイクル)において重要な役割を有する非生物体有機物(生物の遺骸や生物からの排泄物など)の動態解明を目的に研究を行っています。

 特に、水圏において、量的に主要な非生物体有機物である ”溶存有機物” に着目し、土壌から渓流への移行過程、陸域水圏(河川・湖沼・湿地)における生成・分解過程、沿岸域における陸起源成分の除去過程、海洋における難分解性成分の生成過程に関して、定量および定性的手法を用いて研究を行っています。


大学院生募集!

山下研では大学院生(修士・博士)を募集しています. 他分野を卒業される方も大歓迎ですので, 少しでも興味のある学生さんは, メールや電話で山下までお気軽にお問い合わせ下さい!

連絡先はこちらlian_luo_xian.html
過去のTopicsはこちら
OLDnews.html

NEOPS報告会参加

山下准教授が科研費新学術領域 NEOPSの最終年度報告会に参加し, 本プロジェクトの5年間で得られた研究成果を報告しました.

NEOPSに関してははこちらhttp://ocean.fs.a.u-tokyo.ac.jp

修論発表

環境科学院地球圏科学専攻の修論発表会で, 亀岡さんがPhoto-degradation of Marine Dissolved Organic Matter」を,

水野さんが「春季の西部北太平洋亜寒帯域における溶存有機物の分布」を, 中根さんがDistribution and dynamics of dissolved black carbon in marine environments」を発表しました.

原著論文受理

当コース修了生の野坂さん (現東海大学 助教),  山下准教授, 鈴木光次教授が著者の論文が, Frontiers in Marine Science 誌に受理されました. 親潮域におけるTEP (透明細胞外重合体粒子) の動態と物質循環におけるその役割について論じた論文です.

原著論文受理

D2の後藤さんが第一著者の論文が, Frontiers in Microbiology 誌に受理されました. 修士課程で実施したAlteromonas macleodiiによる難分解性DOM生成に関する研究成果で, 多田雄哉さん, 鈴木光次教授, 山下准教授が共著者です. 本論文の発展系である次の論文が楽しみです!

原著論文受理

山下准教授が第一著者の論文が, Limnology and Oceanography 誌に受理されました. 蛍光性DOM組成から太平洋を5つの海域に区分する事に成功しました. 新学術研究領域NEOPSで実施した研究の集大成です.

祝!卒業

亀岡敏明さん, 水野優さん, 中根基裕さんに修士 (環境科学) が授与されました.

国際シンポジウムなど参加

山下准教授が研究協力者として参画している新学術領域研究「海洋混合学の創設」(OMIX) の国際シンポジウムおよび全体会議 (@東京大学山上会館) に参加しました.

詳しくはこちらhttp://journal.frontiersin.org/article/10.3389/fmicb.2017.00507/full?&utm_source=Email_to_authors_&utm_medium=Email&utm_content=T1_11.5e1_author&utm_campaign=Email_publication&field=&journalName=Frontiers_in_Microbiology&id=229965
詳しくはこちらhttp://journal.frontiersin.org/article/10.3389/fmars.2017.00079/full?&utm_source=Email_to_authors_&utm_medium=Email&utm_content=T1_11.5e1_author&utm_campaign=Email_publication&field=&journalName=Frontiers_in_Marine_Science&id=234914

H29年度 新メンバー

児島大貴さん, 遠坂哲さん, 吉田聖良さんが環境科学院 地球圏科学専攻 大気海洋化学・環境変遷学コースに入学し, 山下研に入りました. また, 理学部地球惑星科学 4年生の八木祐樹さんが山下研に所属となりました.

原著論文受理

Dissolved Black Carbonの海洋表層における分布を評価した論文が, Frontiers in Earth Science 誌に受理されました. 昨年度に山下研で修士過程を修了された中根さんの修論の一部です. 修論最終稿提出後に投稿したので, 驚きのスピードでの受理となりました. 第一著者は中根さんで, 共著者は味岡さん (現産総研) と山下准教授です. 山下研からの燃焼起源有機物論文の第一弾です!

詳しくはこちらhttp://journal.frontiersin.org/article/10.3389/feart.2017.00034/abstract

JpGU参加

JpGU-AGU joint meeting 2017に後藤さんと山下准教授が参加し, 口頭発表を行いました (山下准教授は3月に卒業した水野さんの修論の一部を発表しました) .


後藤周史, 多田雄哉, 鈴木光次, 山下洋平3種のモデル海洋細菌株により生成された難分解性溶存有機物の比較


水野優, 西岡純, 多田雄哉, 鈴木光次, 山下洋平:蛍光性溶存有機物を用いた沿岸親潮水の起源推定

原著論文受理

鈴木研でポスドクをされていた多田さん (現JAMSTEC) の論文が, Journal of Experimental Marine Biology and Ecologyに受理されました. 異なった植物プランクトン由来DOMによる沿岸海洋細菌群集の応答性の違い, またそれに伴うDOM変性の違い, を実験的に評価したとても面白い研究です.当研究室からは, 後藤さんと山下准教授が貢献し, 共著者です.