LAND
OCEAN
北海道大学http://www.hokudai.ac.jp/
大学院環境科学院http://www.ees.hokudai.ac.jp/
地球圏科学専攻http://www.ees.hokudai.ac.jp/division/earth/
大気海洋化学・環境変遷学コースhttp://geos.ees.hokudai.ac.jp/hag/
Topics
BIOGEOCHEMISTRY

 本研究室では、物質循環(生物地球化学サイクル)において重要な役割を有する非生物体有機物(生物の遺骸や生物からの排泄物など)の動態解明を目的に研究を行っています。

 特に、水圏において、量的に主要な非生物体有機物である ”溶存有機物” に着目し、土壌から渓流への移行過程、陸域水圏(河川・湖沼・湿地)における生成・分解過程、沿岸域における陸起源成分の除去過程、海洋における難分解性成分の生成過程に関して、定量および定性的手法を用いて研究を行っています。


大学院生募集!

山下研では大学院生(修士・博士)を募集しています. 他分野を卒業される方も大歓迎ですので, 少しでも興味のある学生さんは, メールや電話で山下までお気軽にお問い合わせ下さい!

連絡先はこちらlian_luo_xian.html
過去のTopicsはこちら
OLDnews.html

特別研究学生

Universiti Malaysia Terengganu (マレーシア) からNicholas, Chia Wei Ng さんが特別研究学生として来られました. 3月15日までの間, マレーシアの河川や湿地における溶存有機物の分析や動態解析を行います.

卒論発表

理学部地球惑星科学科の卒論発表会で, 八木さんがベーリング海およびチュクチ海における新たな水塊解析の試み」をポスター発表しました.

修論発表

地球圏科学専攻の修論発表会で, 河村さんが夏季の西部北太平洋亜熱帯域表層における溶存有機物の動態」を発表しました.

OSM参加

ポートランド(オレゴン, 米国)で開催されたOcean Sciences Meetingに山下准教授が参加し, 情報収集および口頭発表を行いました.

ArCS打ち合わせ参加

山下准教授が実施担当者として参画している北極域研究推進プロジェクト (ArCS) テーマ6 (サブテーマ1) の打ち合わせに参加し, 八木さんの卒論をポスター形式で紹介しました.

OMIX全体会議参加

山下准教授が研究協力者として参画している新学術領域研究「海洋混合学の創設」(OMIX) の全体会議 (@東京大学大気海洋研究所) に参加しました.

祝!卒業

八木祐樹さんに学士 (理学) が, 河村貴帆さんに修士 (環境科学) が授与されました.

科研費採択

新学術領域研究「海洋混合学の創設」公募研究に応募していた「北太平洋中層水により長距離輸送される溶存鉄の起源と化学形態の解明」が採択されました。西岡准教授に連携研究者として頂いています.

H30年度 新メンバー

雄太郎さんが環境科学院 地球圏科学専攻 大気海洋化学・環境変遷学コースに入学し, 山下研に入りました. また, 理学部地球惑星科学科4年生の亀崎 龍一さんが山下研所属となりました.

原著論文受理

水野 優さんの修士論文の一部が, Journal of Oceanographyに受理されました. 大気海洋化学・環境変遷学コースの多くの方々と共著で, 腐植様溶存有機物の分布から沿岸親潮の淡水の起源を論じた論文です.

OMIX会議参加

山下准教授が公募研究の研究代表者として参画している新学術領域研究「海洋混合学の創設」(OMIX) の会議 (@東京大学大気海洋研究所) に参加し, 研究計画を発表しました.

研究集会参加

山下准教授が低温研で行われた研究集会「陸海結合システムの解明 -マルチスケール研究と統合的理解- に参加し, JOに受理された水野さんの研究成果について発表しました.

琵琶湖分室セミナー講演

山下准教授が琵琶湖分室セミナー (@琵琶湖環境科学研究センター) において, 「分光蛍光光度法を用いた溶存有機物の評価」に関して講演しました.

詳しくはこちらhttps://www.nies.go.jp/biology/research/seminar/biwako.html

JpGU参加

日本地球惑星科学連合2018年大会に山下准教授が参加し, 「生物地球化学」セッションのコンビーナを務めました.