●English Page

●What's new

●Home
●連絡先/入試関係

◎大気放射線量速報

研究概要・業績

●研究内容
●研究機器
●研究費関連
●学術論文
●その他
●口頭発表

●経歴

教育

●講義・ゼミ
●教育方針

●推薦図書
●大気海洋化学教育ユニット


コラム意到筆随
問題 孤軍奮闘
●自然共生セミナー
●リンク

北大関連リンク

研究業績       Publish or Perish?

 地球化学の冒険 未知なる水平線の彼方へ出かけよう


 渡邉 豊


【コラム 論文を書くということ】
【研究業績 学術論文】
【研究業績 その他印刷物】
【研究内容】


【論文を書くということ】
これは研究動機の結実として、研究成果を熱く語る正当な唯一の方法である。一見、簡単なようだが、随筆や小説と違い、論理的に科学的証明を積み上げて記述する必要がある。

さらに、「査読付」ともなると、卒論や修論のレベルではない。レビューアーといわれるその道のプロフェッショナルな幾人かの無記名の査読者が、その内容を精査し、批評・批判し、改善を求めてくる。これらに一つ一つ答えて議論して進める必要がある。これによって、論文から思い込みや誤りが排除され、その内容は洗練され、その他のプロフェッショナルな人々の前に公表されるわけである。これには、才能とは別に、大変な忍耐と努力が必要で、気の弱い研究者はこの時点で残念ながら脱落を余儀なくされる。だから、
研究には、熱き情熱とタフな精神力が必要となるわけだ。

このため、論文を書く人たちの中では、「Dead or Alive(生か死か)」と同じ意味で、「Publish or Perish 」というのをよく口にする。論文がPublishされたその達成感の先には、「この研究成果を自分以外の人間に知らせたい」という熱き自己顕示欲、功名心を満足させ、自己実現の一部として、すばらしい栄誉が待ち受けてくれているはずという確信と信念がそこにある。

追記:
【コラム意到筆随 No.005】 博士号・修士号をとるということ

【コラム意到筆随 No.015】 ●共著の美学 ●共著者とはなにか

参考:
【自然共生セミナー】

論文作成に役に立つリンクM. Okada,「How to Write a Scientific Paper」

プロの科学者を目指すあなたへ:
   【推薦図書】研究-科学哲学・科学倫理
   【推薦図書】研究-科学者の処世術:生き残り戦略

【これまでの博士号取得者の研究テーマと進路】

学術論文(peer review)

**************投稿・査読中**************

【55】Shigemitsu, M., Yamanaka, Y., Watanabe, Y. W., Okada, N., Kriestb, I., Oschliesb, A., Schartauc, M.: Modelling seasonal patterns of carbon isotope ratios of settling particles in the western subarctic Pacific. Submitted to Geochimica at Cosmochimica Acta.(海洋の沈降粒子中における炭素同位体の鉛直的変化を季節的に再現しうるモデルを北太平洋亜寒帯域で初めて開発したことを報告する論文)

【54】Tanaka, S. S., Watanabe, Y. W., Ono, T.: Estimation of net oxygen production in mesoscale eddies of the western North Pacific during the spring bloom period. Submitted to Journal of Geophysical Research.(海洋の主要ガスを測定し、その非平衡量のずれを用いて、海洋生物生産量を見積もる方法を提起するとともに、実海域での生産量を見積もった論文)

【53】Tanaka, S. S., Watanabe, Y. W., Sasaki, K., Watanabe, S.: Combination of N2 and Ar as an indicator for capacity of marine biological carbon storage in the global ocean. Submitted to Geophysical Research Letters.(全球的な大気-海洋の主要ガスを測定し、その非平衡量を初めて示すとともに、これを元に示した生物生産量ならびに海水の年齢がこれままでの見積もりとは大きく異なることを示した論文)

***********受理・印刷中・掲載済***********

【52】Shigemitsu, M., Watanabe, Y. W., Yamanaka,Y., Honda, M. C., Kawakami, H.: Relationship between sinking organic matter and minerals in the shallow zone of the western subarctic Pacific. Journal of Oceanography, 66(5), 697-708, doi:10.1007/s10872-010-0057-1. (大気から海洋へCO2 を隔離する上で海洋表層からの沈降粒子の役割は重要であるが、その沈降メカニズムの定量化はなされていなかった。この論文は、数値モデル解析を用いて、海洋表層からの沈降粒子の沈降メカニズム(バラスト効果)の定量化に成功した論文)

【51】Watanabe, Y. W., Chiba, T, Tanaka, T. (2011): Recent change in the oceanic uptake rate of anthropogenic carbon in the North Pacific subpolar region determined by using a 13C time series. Journal of Geophysical Research, 116, C02006, doi:10.1029/2010JC006199.(海水中の炭素安定同位体を北太平洋亜寒帯域で経年時系列で測定するとともに、その炭素安定同位体データを基づき、大気から海洋へ溶け込んだ人間活動起源の二酸化炭素量を理論的に推定する方法を定量的に論じた論文、American Geophysical Union EOS Research Spotlightに掲載)→詳細

【50】Oguma, S., Ono, T., Watanabe, Y. W., Kasai, H., Watanabe, S., Nomura, D., Mitsudera, H. (2011): Flux of low salinity water from Aniva Bay (Sakhalin Island) in the southern Okhotsk Sea. Estuarine Coastal and Shelf Science, 91, 24-32, doi:10.1016/j.ecss.2010.10.002.(海水中の13C, 18O, Alk等の化学トレーサーを用いて、オホーツク海南部の水塊の起源を決定した論文)→詳細

【49】Yoshimura, T., Nishioka, J. Suzuki, K., Hattori, H., Kiyosawa, H., Watanabe, Y. W.(2010): Impacts of elevated CO2 on phytoplankton community composition and organic carbon dynamics in nutrient-depleated Okhotsk Sea surface water. Journal of Experimental Marine Biology and Ecology, 395, 191-198, doi:10.1016/j.jembe.2010.09.001.(北太平洋極域のオホーツク海で行った海洋酸性化実験が生物群集や有機炭素に与える影響を評価した論文)→詳細

【48】Shigemitsu, M., Yamanaka, Y., Watanabe , Y. W., Maeda, N., Noriki, S. (2010): Seasonal characteristics of the nitrogen isotope biogeochemistry of settling particles in the western subarctic Pacific: a model study. Earth and Planetary Science Letters, 293, 180-190, doi:10.1016/j.epsl.2010.01.043.(北太平洋西部域における海水中の生物起源粒子の窒素同位体比を測定し、その同位体バランスを数値モデルを用いて明らかにした論文)→詳細

【47】Tsumune, D., Nishioka, J., Shimamoto, A., Watanabe, Y. W., Aramaki, T., Nojiri, Y., Takeda, S., Tsubono, T. (2009): Physical behaviours of iron fertilized patch in SEEDS II. Deep-Sea Research II, 56, 2948-2957, doi:10.1016/j.dsr2.2009.07.004.(北太平洋の極域に存在する高栄養塩低クロロフィル海域での、鉄添加実験において水塊トレーサーとして散布したSF6による水塊動態解析を示した論文)→詳細

【46】Watanabe, Y. W., Nishioka, J., Shigemitsu, M., Mimura, A., Nakatsuka, T. (2009): Influence of riverine alkalinity on carbon species in the Okhotsk Sea. Geophysical Research Letters,36, L15606, doi:10.1029/2009GL038520.(大気中の二酸化炭素増加に伴う海洋酸性化が全球的に進んでいると考えられている。しかし、陸域ー海洋相互作用によるアルカリ度変化を総合的に考慮しなければ、単純な海洋酸性化としては進まないという定量的証拠を示した論文)→詳細

【45】Shigemitsu, M., Watanabe, Y. W., Narita, H. (2009): Sedimentary inorganic nitrogen and its isotope ratio in the western subarctic Pacific over the last 145 kyr. Journal of Oceanography, 65, 541-548.(西部北太平洋の極域における海洋沈降粒子の無機窒素安定同位体を測定・解析し、過去14万年の海洋・陸域環境を定量的に解析した論文)→詳細

【44】Ikeda, M., Greve, R., Hara, T., Watanabe, Y. W., Ohmura, A., Kawamiya, M. (2009): Identifying crucial issues in climate science: drastic change in the earth system during global warming. EOS Transactions, 90(2), 15.(地球温暖化にともない現在起こっているあるいは予想される結果について、その問題点等を議論した北大国際シンポジウムの要約)→詳細

【43】Ishida, H., Watanabe, Y. W., Ishizaka, J., Nakano, T., Nagai, N. (2009): Possibility of recent changes in vertical distribution and size-composition chlorophyll-a in the western North Pacific region. Journal of Oceanography, 65, 179-186.(地球温暖化・気候変動にともなう最近の北太平洋の生物生産量の減少を定量的に示すとともに、その減少がよりサイズの小さな種へ変化していることを明らかにした論文)→詳細 (2011年度日本海洋学会日高論文賞受賞)

【42】Shigemitsu, M., Watanabe, Y. W., Narita, H. (2008): Time variations of δ 15N of organic nitrogen in deep western subarctic Pacific over the last 145 kyr. Geochemistry, Geophysics, Geosystems, 9(10), Q10012, doi:10.1029/2008GC001999.(西部北太平洋の極域における海洋沈降粒子の有機窒素安定同位体を測定・解析し、過去14万年の海洋循環・環境を定量的に解析した論文)→詳細

【41】Sakamoto, A., Watanabe, Y. W., Kido, K., Osawa, M., Noriki, S. (2008): Time series of multiple chemical parameters of CO2 in Otaru coast in Hokkaido, Japan: Evidence of the important role of coastal region for CO2 flux between air and Sea. Estuarine, Coastal and Shelf Science, 79, 377-386, doi:10.1016/j.ecss.2008.04.013.(北海道沿岸部における海洋炭酸系物質の連続測定ならびにパラメタライズ化を行い、沿岸海域における二酸化炭素吸収速度の時系列解析をした論文)→詳細


【40】Watanabe, Y. W., Shigemitsu, M., Tadokoro, K. (2008): Evidence of change in oceanic fixed nitrogen with decadal climate change in the North Pacific subpolar region. Geophysical Research Letters, 35, L01602, doi:10.1029/2007GL032188.(北太平洋の極域における栄養塩の長期変動解析を行い、現在、海洋が温暖化に伴い窒素律速となり、極域では考えられいなかった窒素固定が起こっている可能性を定量的に示唆した論文)→詳細

【39】Tsuda, A., Takeda, S., Saito, H., Nishioka, J., Kudo, I., Nojiri, Y., Suzuki, K., Uematsu, M., Wells, M. L., Tsumune, D., Yoshimura, T., Aono, T., Aramaki, T., Cochlan, W. P., Hayakawa, M., Imai, K., Isada, T., Iwamoto, Y., Johnson, W. K., Kameyama, S., Kato, S., Kiyosawa, H., Kondo, Y., Levasscur, M., Machida, R., Nagao, I., Nakagawa, F., Nakanishi, T., Nakatuka, S., Narita, A., Noiri, Y., Obata, H., Ogawa, H., Oguma, K., Ono, T., Sakuragi, T., Sasakawa, M., Sato, M.,, Shimamoto, A., Takata, H., Trick, C. C., Watanabe, Y. W., Wong, C. S., Yoshie, N. (2008): Evidence for the grazing hypothesis: grazing reduces phytoplankton responses of the HNLC ecosystem to iron enrichment in the western Subarctic Pacific (SEED II). Journal of Oceanography, 63, 983-994.(北太平洋の極域に存在する高栄養塩低クロロフィル海域での、鉄添加実験に対する植物プランクトン・動物プランクトンの応答を定量的に示した論文)→詳細

【38】Tanaka, S. S., Watanabe, Y. W. (2007): High accuracy method for determining nitrogen, argon and oxygen in seawater. Marine Chemistry, 106, 516-529, doi:10.1016/j.marchem.2007.05.005.(大気中の主要気体である窒素、アルゴン、酸素を海水で世界一高精度に測定できる機器を開発し、大気と海洋間の気体交換における気泡効果を世界で初めて示した論文)→詳細

【37】Shigemitsu, M., Narita, H., Watanabe, Y. W., Harada, N., Tsunogai, S. (2007): Ba, Si, U, Al, Sc, La, Th, C and 13C/12C in a sediment core in the western Subarctic Pacific as proxies of past biological production. Marine Chemistry, 106, 442-455, doi:10.1016/j.marchem.2007.04.004 (西部北太平洋の極域における海底堆積物中の様々な化学成分を測定・解析し、過去14万年の海洋環境を定量的に解析した論文)→詳細

【36】Watanabe, Y. W., Yoshinari, H., Sakamoto, A., Nakano, Y., Kasamatsu, N., Midorikawa, T., Ono, T. (2007): Reconstruction of dimethylsulfide in the North Pacific surface water during 1970s to 2000s. Marine Chemistry, 103, 347-358, doi:10.1016/j.marchem.2006.10.004.(地球温暖化抑制物質である海洋生物起源のジメチル硫黄の太平洋におけるパラメーター化を行い、初めて、北太平洋におけるジメチル硫黄の季節変動・空間分布を示すとともに、過去30年の間に海洋から大気への放出量が増加していることを定量的に示した論文)→詳細

【35】Sakamoto, A., Niki, T., Watanabe, Y. W. (2006): Establishment of long-term preservation for dimethylsulfide (DMS) by solid-phase micro extraction (SPME) method. Analytical Chemistry, 78, 4593-4597.(地球温暖化抑制物質である海洋生物起源のジメチル硫黄の海水中濃度を測定する新しい方法、Solid-Phase Micro Extraction (SPME)法を用いて長期保存法を実現した分析法の論文)→詳細

【34】Nakano, Y., Kimoto, H., Watanabe, S., Harada, K., Watanabe, Y. W. (2006): Simultaneous vertical measurements of in situ pH and CO2 in the sea using spectrophotometric profilers. Journal of Oceanography 62, 71-82.(比色分光法を用いた海水中のpH-CO2現場測定装置開発の論文)→詳細

【33】Ono, T., Midorikawa, T., Takatani, Y., Saito, K., Ishii, M., Watanabe, Y. W., Sasaki, K. (2005): Seasonal and interannual variation of DIC in the Oyashio mixed layer: a climatological view. Journal of Oceanography 61, 1059-1074.(親潮表層における溶存無機炭素濃度の季節的・経年的変動を定量的に示した論文)→詳細

【32】Watanabe, Y. W., Ishida, H., Nakano, T., Nagai, N. (2005): Spatiotemporal decreases of nutrients and chlorophyll-a in the western North Pacific surface mixed layer from 1971 to 2000. Journal of Oceanography 61, 1011-1016. (北太平洋西部海域における過去30年間の栄養塩と生物生産量を解析し、これらが18年の変動周期を持ちながらともに減少していることを明らかにした論文)→詳細(IPCC Climate Change 2007に引用)

【31】Nakano, Y., Watanabe, Y. W. (2005): Reconstruction of pH in the surface seawater over the North Pacific Basin by using temperature and chlorophyll-a. Journal of Oceanography 61, 673-680.(北太平洋表層のpHのパラメーター化を行い、これを用いて北太平洋における表層pHの季節変動・空間分布をはじめて定量的に示した論文)→詳細


【30】Wakita, M., Watanabe, S., Watanabe, Y. W., Ono, T., Tsurushima, N., Tsunogai, S. (2005): Decadal change in dissolved inorganic carbon at Station KNOT in the subarctic western North Pacific. Journal of Oceanography 61, 129-139.(北太平洋西部海域の観測定点Station KNOTにおける溶存無機炭素の10年におよぶ連続測定を行い、人間活動起源CO2の海洋吸収速度を定量的に示した論文)→詳細

【29】Emerson, S., Watanabe, Y. W., Ono, T., Mecking, S. (2004): Temporal trends in apparent oxygen utilization in the upper theromocline of the North Pacific. Journal of Oceanography 60, 139-147.(アメリカ研究者との共同論文。北太平洋全域の海水中溶存酸素濃度データを用いて、北太平洋全域で過去30年海洋循環が弱まりっていることを示した論文)→詳細(IPCC report Climate Change 2007に引用)

【28】Sabine, C., Feely, R. A., Watanabe, Y. W., Lamb, M. F. (2004): Temporal evolution of the North Pacific Ocean carbon cycles. Journal of Oceanography 60, 5-15.(アメリカ研究者との共同論文。北太平洋における大気からの二酸化炭素吸収量を見積もる方法・結果を比較し、そのぞれの方法の長短所についてレビューした論文)→詳細(IPCC report Climate Change 2007に引用)

【27】Watanabe, Y. W., Wakita, M., Maeda, N., Ono, T., Gamo, T. (2003): Synchronous bidecadal periodic changes of oxygen, phosphate and temperature between the Japan Sea deep water and the North Pacific intermediate water. Geophysical Research Letters 30(24), 2273, doi:10.1029/2003GL018338.(北太平洋と日本海における溶存酸素濃度の時系列解析をし、過去50年、両海域の溶存酸素濃度がともに18年周期の気候変動周期を伴いながら減少傾向をもって同期していることを明らかとした論文)→詳細

【26】Wakita, M., Watanabe, Y. W., Watanabe, S., Noriki, S., Wakatsuchi, K.(2003): Oceanic uptake rate of anthropogenic CO2 in the subpolar marginal sea: The Sea of Okhotsk. Geophysical Research Letters 30(24), 2252, doi:10.1029/2003GL018057. (オホーツク海の炭酸系物質を経年的に観測・測定・解析し、海氷が覆う極域海域における人間活動起源二酸化炭素吸収量を定量的に見積もる方法を提案した論文)→詳細

【25】Tanaka, T., Watanabe, Y. W., Watanabe, S., Noriki, S., Tsurushima, N., Nojiri, Y. (2003): Oceanic Suess effect of δ 13C in subpolar region: the North Pacific. Geophysical Research Letters 30(22), 2159, doi:10.1029/2003/GL0108503. (北太平洋西部海域の観測定点Station KNOTにおける溶存無機炭素中の炭素安定同位体を集中連続観測し、極域・亜極域における海水中の炭素安定同位体の海水への取り込み量と人間活動起源CO2の海洋吸収速度を定量的に示した論文)→詳細

【24】Watanabe, Y. W., Shimamoto, A., Ono, T. (2003): Comparison of time-dependent tracer ages in the western North Pacific: Oceanic background levels of SF6, CFC-11, CFC-12 and CFC-113. Journal of Oceanography 59, 719-730.(海水の年齢決定を行うの必要な化学トレーサーSF6, CFC-11, CFC-12 and CFC-113を北太平洋西部海域で広域的に測定・比較し、どの化学トレーサーが有効な年齢決定に適しているのかを定量的に示した論文)→詳細

【23】Lamb, M. F., Sabine, C. L., Feely, R. A., Wanninkhof, R., Key, R. M., Johnson, G. C., Millero, F. J., Lee, K., Peng, T. H., Kozyr, A., Bullister, J. L., Greeley, D., Byrne, R. H., Chipoman, D. W., Dickson, A. G., Goyet, C., Gernther, P. R., Ishii, M., Johnson, K. M., Keeling, C. A., Ono, T., Shitashima, K., Tilbrook, B., Takahashi, T., Wallace, D. W. R., Watanabe, Y. W., Winn, C., Wong, C. S. (2002): Internal consistency and synthesis of Pacific Ocean CO2 data. Deep-Sea Research II 49, 21-58.(太平洋の炭酸系物質を測定するデータを比較検討し、整合性のあるデータ管理法を提唱した論文)→詳細

【22】Ono, T., Midorikawa, T., Watanabe, Y. W., Tadokoro, K., Saino, T. (2001): Temporal increase of phosphate and apparent oxygen utilization in the subsurface waters of western subarctic Pacific from 1968 and 1998. Geophysical Research Letters 28(17), 3285-3288, doi:10.1029/2001GL012948.(北太平洋内部の栄養塩濃度が18年周期を持って変動していることを初めて示した論文)→詳細(IPCC report Climate Change 2007に引用)

【21】Watanabe, Y. W., Ono, T., Shimamoto, A., Sugimoto, T., Wakita, M., Watanabe, S. (2001): Probability of a reduction in the formation rate of the subsurface water in the North Pacific during the 1980s and 1990s. Geophysical Research Letters 28(17), 3289-3292, doi:10.1029/2001GL013212. (北太平洋全域の海水中溶存酸素濃度・クロロフルオロカーボン濃度を測定・解析し、北太平洋全域でここ20年、海洋循環が急速に弱まっており、その結果、大気からの二酸化炭素吸収速度が10%弱わまり、温暖化が進んでいることを初めて明らかにした論文)→詳細(IPCC report Climate Chnage 2007に引用)


【20】Ono, T., Watanabe, Y. W., Watanabe, S. (2000): Recent increase of total carbonate in the western North Pacific. Marine Chemistry 72, 317-328.(北太平洋の溶存無機炭素濃度を時系列で広域的に観測し、その増加について定量的議論した論文)→詳細

【19】Watanabe, Y. W., Ono, T., Shimamoto, A. (2000): Increase in the uptake rate of oceanic anthropogenic carbon in the North Pacific determined by CFC age. Marine Chemistry 72, 297-315.(海水にとけ込んでいるクロロフルオロカーボンに基づく海洋表層から潜り込んだ海水年齢を用いて、海水に取り込まれた人間活動起源の二酸化炭素量を理論的に推定する方法を示し、太平洋のその取り込み量を推定した論文)→詳細

【18】Xu, Y., Watanabe, Y. W., Aoki, S., Harada, K. (2000): Simulation of storage of anthropogenic carbon dioxide in the North Pacific using an ocean general circulation model. Marine Chemistry 72, 221-238.(海洋モデルを使って北太平洋の人間活動起源二酸化炭素量を見積もった論文)→詳細

【17】Ono, T., Watanabe, Y. W., Sasaki, K. (2000): Annual anthropogenic carbon transport into the North Pacific Intermediate Water through Kuroshio/Oyashio Interfrontal Zone: An estimation derived from the CFCs distribution. Journal of Oceanography 56, 675-689.(北太平洋の気候を左右する北太平洋中層水にどのくらい人間活動起源二酸化炭素が溶け込んでいるのかを、その源流である黒潮・親潮混合水域でクロロフルオロカーボンデータ布を測定し、その分布に基づき解析した論文)→詳細 (2002年度日本海洋学会日高論文賞受賞)

【16】Takahashi, Y., Matsumoto, E., Watanabe, Y. W. (2000): The distribution of delta C-13 in total dissolved inorganic carbon in the central North Pacific along 175oE and implications for anthropogenic CO2 penetration. Marine Chemistry 69, 237-251.(北太平洋におけるの溶存無機炭素中の炭素安定同位体の広範囲の分布を観測し、そのデータを基に人間活動起源CO2の海洋吸収量を定量的に示した論文)→詳細

【15】Takahashi, Y., Matsumoto, E., Watanabe, Y. W. (1999): Anthropogenic carbon in the upper layer of the North Pacific subtropical gyre along 175oE. Journal of Oceanography 55, 717-730.(北太平洋におけるの溶存無機炭素濃度の広範囲の分布を観測し、取り込み・分解の理論的根拠に基づいて、人間活動起源CO2の海洋吸収量を定量的に示した論文)→詳細

【14】Watanabe, Y. W., Ono, T., Harada, K., Fukasawa, M. (1999): A preliminary study of oceanic bomb radiocarbon inventory in the North Pacific during the last two decades. Journal of Oceanography 55, 705-716. (1960年代以降に海水表面から取り込まれた大気中核実験起源の放射性炭素分布の20年間の変化から、北太平洋中層・深層水の動態を解明した論文)→詳細

【13】Tsubota, H., Ishizaka, J., Nishimura, A., Watanabe, Y. W. (1999): Overview of NOPACCS (Northwest Pacific Carbon Cycle Study). Journal of Oceanography 55, 645-654.

【12】石坂丞二、渡辺 W. 豊、石田明生、青木繁明、原田晃、中田喜三郎、石川公敏、坪田博行 (1998): 北太平洋の炭素循環像:全海洋における北太平洋の役割. 資源と環境 7, 105-111.

【11】Watanabe, Y. W., Ishida, A., Tamaki, M., Okuda, K., Fukasawa, M. (1997): Water column inventories of chlorofluorocarbons and production rate of intermediate water in the North Pacific. Deep-Sea Research 44, 1091-1104.→詳細


【10】渡辺 W. 豊 (1997): 化学トレーサーを用いた海水流動に関する研究. 海の研究 6, 11-18.→詳細

【9】Watanabe, Y. W., Takahashi, Y., Kitao, T., Harada, K. (1996): Total amount of oceanic excess CO2 taken from the North Pacific subpolar region. Journal of Oceanography 52, 301-312.→詳細

【8】Watanabe, Y. W., Harada, K., Ishikawa, K. (1995): Dilution of North Pacific Intermediate Water studied with chlorofluorocarbons. Journal of Oceanography 51, 133-144.→詳細

【7】渡辺 W. 豊 (1995): 北太平洋における人間活動起源CO2 の分布. 資源と環境, 4, 25-33.

【6】斉藤千鶴、渡辺W. 豊 (1995): 栄養塩測定の標準化-現状と問題点, 海洋理工学会誌 1, 99-103. →詳細

【5】Watanabe, Y. W., Harada, K., Ishikawa, K. (1994): Chlorofluorocarbons in the central North Pacific and southward spreading time of North Pacific Intermediate Water. Journal of Geophysical Research 99, 25195-25213.→詳細

【4】渡辺 W. 豊、原田晃、石川公敏 (1993): 海水中のクロロフルオロカーボン類と北太平洋中層水の動態. 資源と環境 2, 51-60.

【3】Tsunogai, S., Watanabe, Y. W., Harada, K., Watanabe, S., Saito, S., Nakajima, M. (1993): Dynamics of the Japan Sea deep water studied with chemical and radiochemical tracers. p.105-119. In: T. Teramoto (Editor), Deep Ocean Circulation, Physical and Chemical Aspects, Elsevier, Netherlands.

【2】Watanabe, Y. W., Watanabe, S., Tsunogai, S. (1991): Tritium in the north-western North Pacific. Journal of Oceanographic Society of Japan 47, 80-93.(海水表面から取り込まれた大気中核実験起源の三重水素の存在量から、北太平洋中層水の起源を示唆した論文)→詳細 (1993年度日本海洋学会日高論文賞受賞)

【1】Watanabe, Y. W., Watanabe, S., Tsunogai, S. (1991): Tritium in the Japan Sea and the renewal time of the Japan Sea deep water. Marine Chemistry 34, 97-108.(海水表面から取り込まれた大気中核実験起源の三重水素の存在量から、日本海深層水の喚起時間と滞留時間を定量的に初めて明らかにした論文)→詳細

学術論文Topへ戻る

 
カウンター   Copyright YWW. All rights reserved