最新情報・活動履歴(観測、学会・誌面での論文発表等)

【12月】
  • La Kenya Evansさん(D3)の論文が、Marine Chemistry誌に掲載されました。
    Evans,L. and Nishioka, J. (2018) Accumulation Processes of Trace Metals into Arctic Sea Ice: Distribution of Fe, Mn and Cd Associated with Ice Structure, Marine Chemistry, doi.org/10.1016/j.marchem.2018.11.011

【11月】
  • 芦 松 (ル ソン) 君が、第4回地球環境史学会年会 (2018年11月17-18日 東北大学青葉山キャンパス) において、ポスター発表を行いました。
    Lu, S., Yamashita, Y., and Irino, T., Biomass burning temperature in East Asia during the last 1.8 million years reconstructed from IODP Site U1423 using chemical proxies

【10月】
  • University of Montreal (カナダ) からJeremy de Bonvilleさんが特別研究学生として来られました。カナダのダム湖や河川における溶存有機物と水銀類の分布を決定づける要因についての解析を行います。

【9月】
  • 研究生の王方憲君(10月より修士1年)が山本正伸准教授と中国浙江省余姚市田螺山遺跡現場館にてボーリングコアの記載と試料採取を行いました。


  • 森 雄太郎さん(M1)が7月23日~9月14日のロシア船マルタノフスキー航海(西岡准教授が主席を務め、山下准教授も乗船)に参加し、太平洋区域における燃焼起源有機物の空間分布を明らかにするための試料採取を行いました。


  • Lu Song君(D2)の論文が、Progress in Earth and Planetary Science (PEPS)誌に掲載されました。
    Lu, S., Irino, T., and Igarashi, Y. (2018) Biomass burning history in East Asia during the last 4 million years recorded in elemental carbon variability at IODP Site U1423, Progress in Earth and Planetary Science 2018 5:53, DOI: 10.1186/s40645-018-0206-5, https://doi.org/10.1186/s40645-018-0206-5

  • Astrid Mullerさん(博士課程卒業生)が環境科学院 2018年度 松野環境科学賞を受賞しました。

  • 土橋 司さん(M1)が日本地球化学会第65回年会(9月11日~9月13日、琉球大学)で口頭発表を行いました。
    北太平洋亜熱帯域における海洋大気エアロゾル中の水溶性有機態窒素の起源 土橋 司,宮﨑 雄三,立花 英里,岩本 洋子,Shu-Kuan Wong,濵﨑 恒二

  • 馬場梨世さん(M2)が日本地球化学会第65回年会(9月11日~9月13日、琉球大学)で口頭発表を行いました。
    北太平洋亜寒帯域の鉄のサイズフラクションと供給過程の解明 馬場梨世、西岡純、小畑元

  • 中川一成さん(M2)が日本地球化学会第65回年会(9月11日~9月13日、琉球大学)で口頭発表を行いました。
    西部北太平洋の溶存鉄:硝酸塩フラックス比と亜表層植物プランクトンの増殖制限要因の評価 中川一成、西岡純

  • La Kenya Evansさん(M1)が日本地球化学会第65回年会(9月11日~9月13日、琉球大学)で口頭発表を行いました。
    Distribution of Dissolved and Labile Particulate Trace Metals Associated with Ice Structure in Arctic Sea Ice La Kenya Evans, Jun Nishioka

【8月】
  • 博士課程3年の鈴木健太君と研究生の王方憲君が2018年度有機地球化学シンポジウム(東京海洋大学)において研究発表を行いました。
    鈴木健太・山本正伸・Brad Rosenheim・大森貴之・Seung-Il Nam・Leonid Polyak.西部北極海の融氷期堆積物への昇温熱分解14C年代測定法の適用(口頭)  王方憲・入野智久・山本正伸.礼文島久種湖RK12コアのGDGT組成(ポスター)。

  • La Kenya Evansaさん(D3)の論文が、Polar Science誌に掲載されました。海氷の中に蓄積される微量金属にに関する論文です。
    La Kenya Evansa, Jun Nishioka, (2018) Quantitative analysis of Fe, Mn and Cd from sea ice and seawater in the Chukchi Sea, Arctic Ocean, Polar Science 17, 50-58

【6月】
  • 吉田和広さん(D3)の論文が、Estuarine, Coastal and Shelf Science誌に掲載されました。チェコ微生物学研究所、米国NASAとの共同研究の成果です。
    Yoshida, K., H. Endo, E. Lawrenz, T. Isada, S. B. Hooker, O. Prášil, and K. Suzuki (2018) Community composition and photophysiology of phytoplankton assemblages in coastal Oyashio waters of the western North Pacific during early spring. Estuarine, Coastal and Shelf Science, 212, 80-94, doi: 10.1016/j.ecss.2018.06.018.

  • ブイ・ティ・オック・オアンさん(D3)の論文が、Tellus B誌に受理されました。南極海の表層のメタン分布の特徴に関する論文です。
    Bui, O. T. N., S. Kameyama, H. Yoshikawa-Inoue, M. Ishii, D. Sasano, H. Uchida, and U. Tsunogai, Estimates of methane emissions from the Southern Ocean from quasi-continuous underway measurements of the partial pressure of methane in surface seawater during the 2012/13 austral summer, Tellus B, accepted.

【5月】
  • 5月20-30日の間、YAN Dongさん(D1)、YU Xuejiaoさん(M1)、下久保香奈さん(M1)がJAMSTEC・東北海洋生態系調査研究船「新青丸」に乗船して、春季三陸沖および道東沖における高解像度衛星海色センサーGCOM-C/SGLIのデータ検証と生物地球化学過程の解明に関する研究(東京大学大気海洋研究所共同利用KS-18-6次研究航海・本コース鈴木光次教授代表)を実施しました。


  • 張替若菜さん(B4)のヒメフナムシ系統地理学研究に必要な試料を得るため,稲垣征哉君(B4)、菊池壮平君(M2)、王方憲君(研究生)、山本(教員)と樽前山山麓においてヒメフナムシを採取しました。


  • 吉田和広君(D3)が日本地球惑星科学連合2018年大会(千葉幕張)において以下の発表を行いました。
    Effects of light and iron availability on the photophysiology of phytoplankton in the western subarctic Pacific.
    吉田和広・西岡純・鈴木光次

  • Lu Song君(D2)とLee Muihuaさん(D2)が日本地球惑星科学連合2018年大会(千葉幕張)において以下の発表を行いました。
    Biomass burning history and possible origin of fire in East Asia during the million years using chemical proxies, JpGU2018, 2018年5月20-24日,幕張メッセ
    Lu, S., Yamashita, Y., Irino, T., and Sagawa, T.

    Reconstruction of Asian dust source variability since 10 Ma based on grain size specific mineral composition at IODP Site U1425 in the Japan Sea, JpGU2018, 2018年5月20-24日,幕張メッセ
    Lee, M. and Irino, T.

  • 鈴木健太君(D3)と櫻井弘道君(M2)が日本地球惑星科学連合2018年大会(千葉幕張)において以下の発表を行いました。
    Application of ramped pyrolysis 14C method to postglacial sediment in the Chukchi-Alaskan margin, western Arctic Ocean.
    鈴木 健太・山本 正伸・Brad Rosenheim・大森 貴之・Leonid Polyak・Seung-Il Nam.

    Two step expansion of C4 plants in northwestern India at 10 Ma and 7.5 Ma: Evidence of leaf wax carbon isotopes in IODP Site U1457 Sediments.
    鈴木 健太・山本 正伸・関 宰

    Application of cellulose oxygen isotopes in sphagunum from the Bekanbeushi mire, eastern Hokkaido to the reconstruction of“Ezo-tsuyu”and the East Asian summer monsoon during the last 2000 years.
    櫻井 弘道、山本 正伸、関 宰、大森 貴之、佐藤 友徳




【過去の活動履歴】
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度